« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月10日 (水)

ろっちゃん♪

1999年6月8日生まれ

7月の暑い時期に我が家に始めて迎えたゴールデン

A_047_4 A_046_4

ちっこくて・・・色白で可愛かったロッキー!

いつも娘の遊び相手・・・

どっちが相手してもらってたかなぁ~。。。

A_048_3

1年後に九州からアロンがやって来た。。。

A_049_3

急にお兄ちゃんにさせられたロッキー。

A_050_3

でもロッキーは優しいからアロンがいつも引っ付いてた。。。

ロッキーが居てくれたからアロンは淋しがらずにすんでた。

A_051_3

それからはいつも二人一緒だったね~。

A_053_3 A_052_3

ろっちゃん!

あなたがうちの子になってなかったら・・・・

ゴールデンの素晴らしさもわからなかったし・・・

ドッグショーも知らなかった。。。

A_056_3 A_055_3

オーナーハンドラーだって・・・

A_057_2

全てロッキーから始まった。。。

ろっちゃんが居なかったら今のビビやコニーだっていない。

ろっちゃんが色々教えてくれたんだよね~。

A_2

ロッキー!

ホントにありがとね~heart04

ランやクナ・・・マリちゃんと仲良く遊ぶんだよ~。

そして・・・いつまでもみんなのこと見守っててよね~heart04

    大好きだよ~ろっちゃんheart04heart04

| | コメント (18)

いつかは訪れるであろう別れがこんなに早く来るとは・・・

11月8日・・・ロッキーとの悲しい別れが来てしまった。。。

A_054_2 

先月・・・展覧会を無事に終えてほっとしてる間もなく・・・

ルピーが耳に血が溜まる耳血腫と言う病気になり通院。

しばらく注射で治療をすることになった。

お耳をブルブル振らないようにとお耳にサポーターをして・・・

それでも自分ではずすから最後は人間の妊婦用の腹帯巻いて

A_002

2週間注射に通ったものの・・・結局手術になり・・・

A_007 A_006

表は18針も縫ってある。。。裏は・・・切れたまま???

なんで縫ってないのかと聞いてみると・・・

「これは軟骨だから~!表と裏が引っ付けて縫ってある」って。

でも・・・ここから少ずつだけど出血するから

いつもジクジクして・・・真っ赤になってた。

3週間後にやっと・・・・抜糸で終了!

A_030 A_031

ちょうどルピーのことでバタバタしてた10月中旬

ロッキーの食欲がなくなり・・・ロッキーも病院へ。

お腹の消化酵素が出なくなってた。

お薬をもらって様子を見ることに・・・。

毎日何を食べてくれるかと考えて・・・

今日は鳥のささみ!今日はごはんとサツマイモ。。。

レバーも・・・何をあげても食べてくれない。。。

ちょっと食べるとすぐに吐くか下痢になってしまう。

11歳と言う年齢もだけど・・・今年の夏があまりにも暑くて

体力消耗してたかな~。。。

それでも歩いてのお散歩は喜んで歩いてた。

それが・・・10/27お散歩の途中で突然倒れた。

ほんの数秒意識がなくなり・・・すぐに意識が戻る。

歩いて帰れないかと思ったけどすぐに自分で立ち上がった。

その日から自分でオシッコに行っても突然倒れるから

介助具を付けていつもついて歩いてた。。。

おうちの中でもお水も飲みに歩けたし・・・

呼吸もしんどそうじゃなかった。。。

だけど・・・ロッキーに残された時間は・・・

着実に短くなってたのかもしれない。。。

週末に2週間ぶりに娘が帰ってきた。

ロッキーは尻尾をブンブン振りながら喜んでた。

娘も何度もロッキーをなでながら声を掛けてた。

日曜日の夜に娘を岡山へ送り・・・

うちに帰った時には寝てたロッキー。

お水をあげて・・・身体をなでて・・・

「おやすみ~ろっちゃん」って声をかけた。。。

それがロッキーにかわした最後の言葉になってしまった。

ロッキーは最後に娘に会いたかったのかもしれない。。。

子どもの頃からいつも一緒に遊んでたロッキーだから・・・

娘が帰って来るのを待ってたのかなぁ~。

昨日の朝・・・

雨のやみ間から・・・突然虹が出た。。。

101109_074203 101109_074214_2

大きく半円を描いて・・・ハッキリと見えた。。。

なんでこんなに早くお迎えにきちゃうかなぁ~。。。

もっともっとお母さんに手をかけさせてくれたらよかったのに・・・。

ロッキー。。。 

A_041_2

ありがとう。。。。

    ゆっくりネンネしていいからね~。。。

| | コメント (20)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »